お疲れさま、カシシ ハシビロコウ繁殖断念し戻る 栃木の動物園

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
神戸どうぶつ王国から帰ってきたハシビロコウの「カシシ」=栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国提供2021年10月8日(同園提供)
神戸どうぶつ王国から帰ってきたハシビロコウの「カシシ」=栃木県那須町大島の那須どうぶつ王国提供2021年10月8日(同園提供)

 繁殖のために神戸市の動物園に移送されていた雌のハシビロコウの「カシシ」(推定10歳)が古巣の那須どうぶつ王国(栃木県那須町)に約5カ月ぶりに戻り、一般公開されている。アジア初の繁殖を目指したが、雄との良好な関係が築けなかったという。

 ハシビロコウは主にアフリカ中央部の湿地に生息し、「動かない鳥」と…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集