特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

新型コロナ いつまで続く? 感染対策考える 大阪・公開討論会 /大阪

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
第42回大阪の医療と福祉を考える公開討論会で発表するパネリストたち=大阪市北区茶屋町の毎日放送で2021年10月16日 拡大
第42回大阪の医療と福祉を考える公開討論会で発表するパネリストたち=大阪市北区茶屋町の毎日放送で2021年10月16日

 新型コロナウイルス感染症への対策を考える「第42回大阪の医療と福祉を考える公開討論会」(府医師会主催)が16日、大阪市北区茶屋町の毎日放送(MBS)であった。

 テーマは「新型コロナ感染対策―いつまで続く? 若い世代が今とるべき行動とは」。吉村洋文知事▽忽那賢志(くつなさとし)・大阪大大学院医学系研究科感染制御学教授▽茂松茂人・府医師会会長▽タレントの大倉士門さんの4人がそれぞれ発表後、意見交換した。

 大倉さんは昨年10月にPCR検査で陽性が判明。自宅療養での孤独感や、味覚や嗅覚を一時失った経験を語った。

 討論会は無観客で開催し、MBSラジオのユーチューブチャンネルでライブ配信した。【石村綾子】(討論の模様は同チャンネルで約1カ月アーカイブ配信。詳報は11月16日の紙面に掲載を予定しています)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集