連載

松尾貴史のちょっと違和感

放送タレント・松尾貴史さんのコラム。テレビから政治まで、「違和感」のある話題を取り上げます。

連載一覧

松尾貴史のちょっと違和感

官房機密費 使途、時間差で公表すればいい

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
=松尾貴史さん作
=松尾貴史さん作

 昨年9月に発足した菅義偉内閣が今年9月末までの約1年間で支出した内閣官房報償費(官房機密費)は、約13億3000万円だという。このうち、官房長官だった加藤勝信氏が使い道を決めたであろう「政策推進費」の額は約11億6000万円で、国庫に返納したのはたったの約13万円だという報道があった。よくそんなにギリギリまで使い切ったとも思うが、とにかく使えるだけやってしまえということなのだろう。

 菅氏が官房長官だった時の「政策推進費」の総額(86億円ほどという報道があった)を合わせると100億円近い公費だが、使い道も明かさず、領収書もいらない状態でほしいままにされるこの「秘密の使い道」が許されるカネは、なぜ存在するのだろうか。

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1634文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集