特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

汚職、暴行…「不祥事議員」の出馬は? 立候補断念のドタバタ劇も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
政党関係者の街頭演説を聞く人たち=東京都千代田区で2021年10月17日午後2時1分、宮間俊樹撮影
政党関係者の街頭演説を聞く人たち=東京都千代田区で2021年10月17日午後2時1分、宮間俊樹撮影

 19日に公示される衆院選(31日投開票)では、刑事事件で実刑判決や略式命令を受けたり、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で問題行動が発覚したりした前職も立候補を予定している。有権者はそれぞれの選挙区でどのような審判を下すのか。公示直前にツイッターの不適切投稿が発覚して新人候補の立候補が取り消されるドタバタも起きている。

この記事は有料記事です。

残り2230文字(全文2391文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集