フクロウで「知恵貯金」 羊毛フェルトでユニークな動物たち制作

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
羊毛フェルトで作ったボストンテリアなどを手にするメグさん=三重県鳥羽市鳥羽4の大庄屋かどやで、2021年10月7日、森有正撮影
羊毛フェルトで作ったボストンテリアなどを手にするメグさん=三重県鳥羽市鳥羽4の大庄屋かどやで、2021年10月7日、森有正撮影

 羊毛フェルト作家のメグこと薗田恵さん(33)=三重県鳥羽市在住=と生徒たちの作品展「メグとみんなのニコニコ動物園」が、同市鳥羽4の地域観光交流拠点・鳥羽大庄屋かどやで開かれている。メグさんは「可愛さがあふれる作品を見て、コロナ禍でうつうつとした気分を吹き飛ばして」と来場を呼び掛けている。29日まで。【林一茂】

 羊毛フェルトで作ったリスやペンギン、犬、コアラ、フクロウなどの動物は、メグさんが40点、メグさんの指導する教室で学ぶ主婦ら9人の60点が展示されている。「ちょっと面白いけど日常では使えないのでは、と感じるかもしれないけど、みんなに楽しんでもらうことが第一」と、制作に励んだという。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文625文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集