武士を描いた約200年前の落書き 熊本地震の復旧工事で出土

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
飯田山常楽寺の漆喰壁に描かれた落書き。武士の姿をユーモラスに描いている=熊本県益城町で2021年10月6日、山本泰久撮影
飯田山常楽寺の漆喰壁に描かれた落書き。武士の姿をユーモラスに描いている=熊本県益城町で2021年10月6日、山本泰久撮影

 2016年の熊本地震の復旧工事で見つかった文化財などを展示する企画展が、熊本県益城町交流情報センターミナテラスで開かれている。地震で被災した町役場の跡地から出土した弥生時代の甕棺(かめかん)など39点が並ぶ。

 町内の飯田山常楽寺本堂の復旧工事で見つかった漆喰(しっくい)壁に書かれた落書きは江戸期の…

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文308文字)

あわせて読みたい

注目の特集