日本ハム斎藤佑樹「ずっと苦しかった。ただ…」引退会見一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退会見で花束を手に笑顔を見せる日本ハムの斎藤佑樹=札幌ドームで2021年10月17日午前9時17分(代表撮影)
引退会見で花束を手に笑顔を見せる日本ハムの斎藤佑樹=札幌ドームで2021年10月17日午前9時17分(代表撮影)

 今季限りでの現役引退を表明したプロ野球・日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が17日午前、引退登板が予定されている同日午後開始のオリックス戦を前に、札幌ドームで記者会見した。11年間のプロ生活を振り返り、「長いようで、とても短く感じた。今日が最後と信じられない」などと語った。主なやりとりは以下の通り。【石川裕士】

 ――プロ野球選手として最後の登板の日を迎えた心境は。

この記事は有料記事です。

残り1766文字(全文1948文字)

あわせて読みたい

注目の特集