サッカーACL準々決勝 名古屋は浦項に完敗 日本勢は全チーム敗退

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 浦項戦で頭を抱える名古屋・森下=韓国・全州(ロイター=共同)
 浦項戦で頭を抱える名古屋・森下=韓国・全州(ロイター=共同)

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は17日、韓国の全州で東地区の準々決勝2試合が行われ、名古屋は浦項(韓国)に0―3で完敗した。日本勢は全チームが敗退した。蔚山は全北との韓国勢対決を延長の末に3―2で制し、20日の準決勝で浦項と対戦することになった。

 前半の得点機を生かせなかった名古屋は0…

この記事は有料記事です。

残り58文字(全文211文字)

あわせて読みたい

注目の特集