ヤクルト山田、試合決める3ラン 「チームに侍Jと同じ雰囲気」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
九回表ヤクルト1死一、三塁、山田が左越えに3点本塁打を放つ=横浜
九回表ヤクルト1死一、三塁、山田が左越えに3点本塁打を放つ=横浜

〇ヤクルト7―3DeNA●(17日・横浜)

 ヤクルトが山田の5打点の活躍などで快勝した。

 競り合いの厳しい場面を三たび、キャプテンが救った。犠飛と適時二塁打と3ラン。山田が計5打点を荒稼ぎして2015、16年に続く100打点の大台に到達し、また一歩、チームを頂点へ前進させた。

 1点リードの九回。山田は打席に立つ前から、DeNAの5番手・三嶋の投球に思いを巡らせていた。「真っすぐを打つか、スライダーか。今日は制球がいいから、初球からストライクゾーンに来るだろう」。1死一、…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

あわせて読みたい

注目の特集