競馬 藤田菜七子騎手が左鎖骨を骨折 新潟2Rで騎乗中に負傷

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
藤田菜七子騎手(代表撮影)
藤田菜七子騎手(代表撮影)

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(24)が17日、ルナエルモッサに騎乗して2着に入った新潟第2レースで騎乗中に負傷し、「左鎖骨骨折」と診断された。全治は不明。騎乗予定だったこの日の以後の5レースは騎手変更となった。

 師匠の根本康広調教師は本人から電話で状況の説明を受け「ゲートを出る際、手綱…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集