斎藤佑樹「背負うものが重いとは思わない」 引退試合後の一問一答

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退セレモニーでチームメートらと笑顔で話す日本ハムの斎藤佑樹(右)=札幌ドームで2021年10月17日、貝塚太一撮影
引退セレモニーでチームメートらと笑顔で話す日本ハムの斎藤佑樹(右)=札幌ドームで2021年10月17日、貝塚太一撮影

 プロ野球・日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が17日、本拠地の札幌ドーム(札幌市)であったオリックス戦で引退試合に臨んだ。試合後に報道陣の取材に応じ、注目を浴びたプロ生活を振り返って「(背負うものが)重いと思ってはいない。野球ができて幸せという気持ちだった」とすがすがしい表情で話した。主なやりとりは以下の通り。

この記事は有料記事です。

残り906文字(全文1061文字)

あわせて読みたい

注目の特集