プロ野球 日ハム・斎藤佑樹投手 引退試合 「11年間お疲れ様」 一球一球に観客が拍手 /北海道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
引退セレモニーでチームメートから拍手で送り出される日本ハムの斎藤佑樹投手(手前)=札幌ドームで2021年10月17日、貝塚太一撮影
引退セレモニーでチームメートから拍手で送り出される日本ハムの斎藤佑樹投手(手前)=札幌ドームで2021年10月17日、貝塚太一撮影

 札幌ドームで17日あったプロ野球・日本ハムの斎藤佑樹投手の引退試合には1万3000人以上が詰めかけた。七回から登板する斎藤投手の名前がアナウンスで流れると、球場は拍手で沸いた。

 斎藤投手の一球一球に、観客は拍手でエールを送った。斎藤投手は相手打者1人に7球を投げ、四球を与え降板。客席に手を降り、感謝を伝えた。

 「佑樹」と書かれたプラカードを掲げながら応援した札幌市北区の奥野薫さん(37)は「斎藤投手が入団してから日本ハムのファンになった。(4対3でオリックスに)1点差に追い上げられていたが、もっと投げてほしかった。11年間お疲れ様でした」とねぎらった。

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文863文字)

あわせて読みたい

注目の特集