連載

風知草

世論は風だ。でも世論とは何だ――。永田町を知り尽くす山田孝男特別編集委員の政治コラム。

連載一覧

風知草

矢野論文 掲載秘話=山田孝男

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
絵・五十嵐晃
絵・五十嵐晃

 与野党のバラマキ公約を批判した「文芸春秋」11月号の巻頭論文「財務次官、モノ申す」に関心が集まるのは、それが政治的な事件だからである。

 「機動的な財政出動」をうたうアベノミクスの下では、財布のヒモを締める財務官僚は日陰者だった。その頂点に立つ次官の大胆な寄稿は、安倍晋三元首相の影響力が低下し、アベノミクスも転換か――という関心をかき立てた。

この記事は有料記事です。

残り1172文字(全文1344文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集