特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

岸田首相の公示第一声、福島で 枝野氏は島根 選ぶ地に各党の思惑

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国会議事堂=川田雅浩撮影
国会議事堂=川田雅浩撮影

 岸田文雄首相(自民党総裁)は、19日の衆院選公示第一声を福島県内で実施する。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から10年の節目に、引き続き復興を重視する姿勢を示す狙いがある。立憲民主党の枝野幸男代表は松江市に入る。保守王国・島根県で選挙戦に勢いをつけ、全国に波及させたい考えだ。他の各党は首都圏や大阪、広島、長崎各市で第一声を予定。「選挙の顔」である各党首が選ぶ地に、それぞれの思惑がにじむ。

 自民党総裁が国政選挙の第一声を福島県内で実施するのは、ほぼ定着している。第2次安倍内閣以降では2014、17年の衆院選と13、19年の参院選で当時の安倍晋三首相が実施した。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文713文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集