これが千葉のピーナツの食べ方 殻付き「ゆで落花生」キット発売

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
今年から販売を始めた「お家でゆでるからつきゆで落花生キット」=セガワ提供
今年から販売を始めた「お家でゆでるからつきゆで落花生キット」=セガワ提供

 千葉県旭市の落花生、米穀類の販売・加工会社「セガワ」は、2015年に落花生の自社ブランド「Bocchi(ぼっち)」を設立、自社栽培も始めた。

 ブランドの設立を担ったのは、同社三代目の加瀬宏行常務(40)。収穫した豆を集めて畑で干す「野積み」状態の呼び名をブランド名にした。加瀬さんは「生産者が減る中で、落花生の新しいカタチを求めてのチャレンジです」と、熱く語る。

 農薬や化学肥料を極力控えた、砂糖不使用のピーナツペーストや落花生パウダーを開発するなど、意欲的な商品を次々に発表。国内有名リゾートホテルやレストランなども提供先になっている。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文700文字)

あわせて読みたい

注目の特集