新生銀、TOBへの賛否表明を21日に延期 「検討項目多い」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
新生銀行(上)とSBIホールディングス=ロゴはSBIHD提供
新生銀行(上)とSBIホールディングス=ロゴはSBIHD提供

 新生銀行は18日、SBIホールディングスからの株式の公開買い付け(TOB)に対する賛否の表明を21日まで延期すると発表した。9月17日に賛否の表明を留保した際、30日程度の検討期間を経て態度を明確にすると説明していたが、経営陣の検討が長引いている。

 新生銀は「検討項目が多数にわたり時間を要する」と…

この記事は有料記事です。

残り178文字(全文328文字)

あわせて読みたい

注目の特集