韓国最大野党の支持率最高 与党失速、大統領予備選と不正疑惑影響か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
韓国国旗=ゲッティ
韓国国旗=ゲッティ

 韓国の世論調査会社「リアルメーター」が18日に発表した政党の支持率で、保守系の最大野党「国民の力」が41・2%と2020年9月の発足以来最高値を記録した。一方で進歩系の与党「共に民主党」は29・5%で、約3カ月半ぶりに30%を下回った。来年3月の大統領選の公認候補を決める予備選の過程で生じた支持層の分裂と、公認候補に決まった李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事に持ち上がった都市開発事業に関する不正疑惑の影響が出たとみられる。

 調査は12~15日に行われ、国民の力は前週より2ポイント上昇する一方、共に民主党は1・9ポイント下落した。直前の10日に共に民主党の予備選の最終結果が発表され、李在明氏が公認候補に決まったものの、その後次点だった李洛淵(イ・ナギョン)元首相が無効票の取り扱いを巡って異議申し立てをするなど混乱していた時期だ。

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文808文字)

あわせて読みたい

注目の特集