千葉県内の自動車盗、全国最悪の493件 8割が施錠中被害

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
千葉県警本部=信田真由美撮影
千葉県警本部=信田真由美撮影

 自動車盗の被害が昨年より増えている。千葉県警生活安全総務課によると、1~8月の被害件数は493件(前年同期比25件増)で、全国ワーストだった。施錠中でも特殊なシステムでエンジンを始動させて盗む手口も確認された。同課は「施錠に加えて警報装置など盗難防止対策を取ってほしい」と警戒を呼びかけている。【長沼辰哉】

 被害を地域別に見ると、県北西部では「レクサス」などの高級車、県東南部は「ハイエース」やトラックなどの貨物車が目立つ。盗まれた車のうち8割が施錠をしている間に被害に遭っていた。販売用中古車が一晩で7台盗まれるなど組織的とみられるケースもあった。同課は千葉県が狙われることに「高速道路網が発達し、車の保管や解体に使うヤードのほか荷出しに使える港もあるためでは」と推測する。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文931文字)

あわせて読みたい

注目の特集