聖徳太子の1400年忌法要、四天王寺で始まる 22年4月まで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
聖霊院に向かう僧侶たち=大阪市天王寺区の四天王寺で2021年10月18日午前9時59分、久保玲撮影
聖霊院に向かう僧侶たち=大阪市天王寺区の四天王寺で2021年10月18日午前9時59分、久保玲撮影

 聖徳太子(574~622)ゆかりの四天王寺(大阪市天王寺区)で18日、没後1400年の節目に遺徳をしのぶ「聖徳太子千四百年御聖忌(ごせいき)慶讃(けいさん)大法会」が始まった。2022年4月22日の結願(けちがん)までおよそ半年にわたり、さまざまな宗派の本山から僧侶を招いての慶讃法要が続く。

 四天王寺は聖徳太子が593年に建立した…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文381文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集