明治時代の酒蔵でワーケーション 山形・小国町で22年3月開業へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ワーケーション施設として生まれ変わる老舗酒蔵=YOKAMOS提供
ワーケーション施設として生まれ変わる老舗酒蔵=YOKAMOS提供

 山形県小国町の一般社団法人YOKAMOS(ヨカモス)は、明治時代に建てられた町内の酒蔵を改装し、休暇と仕事を両立させる「ワーケーション」の新拠点として整備する事業を始めた。「発酵のチカラで、世を醸す」をキーワードに町内外から人を呼び込み、交流の場を創出して地域活性化を図る。来年3月の開業を目指す。

 ヨカモスは、町民や町外の起業家が今年3月、地域資源を活用して各種事業を展開しようと設立した。酒蔵は木造2階建てで、延べ床面積約150平方メートル。町内の老舗「桜川酒造」から明治15(1882)年に建てた…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文631文字)

あわせて読みたい

注目の特集