新発想で地域貢献、専門職大とバス会社が連携 観光先開発など協力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
連携協定を結んだ芸術文化観光専門職大の平田オリザ学長(左)と全但バスの桐山徹郎社長=兵庫県豊岡市で2021年10月15日午後3時12分、浜本年弘撮影
連携協定を結んだ芸術文化観光専門職大の平田オリザ学長(左)と全但バスの桐山徹郎社長=兵庫県豊岡市で2021年10月15日午後3時12分、浜本年弘撮影

 芸術文化観光専門職大(平田オリザ学長、兵庫県豊岡市)と全但バス(桐山徹郎社長、本社・兵庫県養父市)は15日、地域課題の解決に貢献するため大学で連携協定を結んだ。交通、観光、芸術分野での情報交換、会社や空港などでの実習を通して、新たな観光先の開発や路線バス活用などで協力する。

 平田学長は「学生の今までにない発想からアートの力で乗り物の魅力を伝え、ア…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

あわせて読みたい

注目の特集