直木賞作家、山本文緒さん死去 58歳 「プラナリア」「恋愛中毒」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える作家の山本文緒さん=長野県軽井沢町の丸山珈琲ハルニレテラス店で2021年2月18日午後0時57分、喜屋武真之介撮影
インタビューに答える作家の山本文緒さん=長野県軽井沢町の丸山珈琲ハルニレテラス店で2021年2月18日午後0時57分、喜屋武真之介撮影

 現代女性の恋愛や生きづらさを描いて人気を集めた直木賞作家の山本文緒(やまもと・ふみお、本名・大村暁美=おおむら・あけみ)さんが13日、膵臓(すいぞう)がんのため長野県軽井沢町の自宅で亡くなった。58歳。葬儀は近親者で営んだ。後日、東京都内でお別れの会を開く予定。喪主は夫浩二(こうじ)さん。

 神奈川県生まれ。神奈川大卒。会社員を経て、作家デビュー。1999年に「…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

注目の特集