特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

次世代ワクチン治験開始 短期間で大量供給可能 22年実用化目標

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
赤畑渉氏=須田桃子撮影
赤畑渉氏=須田桃子撮影

 創薬ベンチャーのVLPセラピューティクス・ジャパン(赤畑渉代表)は18日、新型コロナウイルスの新しいワクチンについて初期段階の治験(第1相治験)を開始したと発表した。投与後に体内で自己増殖する「レプリコン(次世代メッセンジャー<m>RNA)」と呼ばれる新技術を用いたもので、実用化済みのmRNAワクチンと比べて投与量が10分の1~100分の1で済み、短期間で大量供給が可能という。2022年中の薬事承認申請と実用化を目指すとした。

 レプリコンワクチンは米国などで治験が始まっているが、国内では初めて。mRNAワクチンなど「核酸ワクチン」の一種だが、米ファイザー社製などと異なり、細胞内で一定期間に限り自己増殖する機能を持たせているため、少量の投与でも免疫反応を起こすことが可能とする。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文546文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集