佐々木、長沢、新添が優勝 柔道グランドスラム・パリ大会

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 柔道のグランドスラム・パリ大会最終日は17日、パリで男女計7階級が行われ、男子で81キロ級の佐々木健志(ALSOK)と90キロ級の長沢憲大(パーク24)、女子70キロ級の新添左季(自衛隊)が優勝した。今大会の日本勢は男子が4階級、女子は3階級を制した。

 佐々木は全5試合で一本勝ちし、決勝は世界ランキング1位のタト・グリガラシビリ(ジョージア)に合わせ技で完勝…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集