北京冬季五輪の聖火採火 無観客のギリシャ・オリンピア遺跡で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北京冬季五輪の開閉会式会場となる国家体育場「鳥の巣」。2008年の北京五輪の主会場となった=赤間清広撮影
北京冬季五輪の開閉会式会場となる国家体育場「鳥の巣」。2008年の北京五輪の主会場となった=赤間清広撮影

 来年2月4日に開幕する北京冬季五輪の聖火採火式が18日、古代五輪の舞台だったギリシャ西部のオリンピア遺跡で行われた。新型コロナウイルスの影響で東京オリンピックに続いて無観客での式典となり、通例約1週間のギリシャ国内リレーは実施しない。

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長や大会組織委員会と…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集