村上茉愛「オリンピックぐらい良かった」観客前に高得点 世界体操

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子予選、村上茉愛の床運動=北九州市立総合体育館で2021年10月18日、平川義之撮影
女子予選、村上茉愛の床運動=北九州市立総合体育館で2021年10月18日、平川義之撮影

 同じスコアだった。東京オリンピック種目別床運動銅メダルの村上茉愛が床運動で、東京五輪決勝と同じ14・166の高得点をマーク。「オリンピックぐらい良い演技ができた」とトレードマークの笑顔で語った。

 村上は東京五輪の疲労が抜けず、床運動と平均台に絞った。先に演技した平均台は緊張していたが、床では緊張が解けていたという。

 今大会は国内で新型コロナウイルス対策が始まって以降、初めて観客上限のない国際大会となった。会場の熱い視線が村上の床運動に集中した。

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文639文字)

あわせて読みたい

注目の特集