2021衆院選

衆院選公示 自公長期政権問う コロナ・成長と分配、争点 31日投開票

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 現行憲法下で26回目となる第49回衆院選は19日公示され、31日の投開票に向けた12日間の選挙戦が始まった。格差是正を含む分配政策のあり方や新型コロナウイルス対策などを争点に、自民、公明両党は連立政権の継続、立憲民主党など野党は政権交代を訴える。与野党の党首は全国各地で第一声を上げた。

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文1927文字)

あわせて読みたい

注目の特集