連載

14歳の君へ

将来を考え始める14歳。勉強、友達、部活動……各分野で活躍する人からの「君への授業」。

連載一覧

14歳の君へ

わたしたちの授業 美術 お金じゃない価値がある 今回の先生 漫画家 ヤマザキマリさん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 全国の中学生に、さまざまな分野で活躍する人が語る「授業」の「美術」の先生は、漫画家のヤマザキマリさん。「お金になるかどうかがすべてではない。みんなが必要だと思うから、美術は古代から残っている。だから大事です」と話す。ヤマザキさんは「芸術は心の栄養素。絵がうまいか、下手かは関係ない。描きたいものを描こう」と強調する。

 あなたには、美術はどれぐらい必要ですか。日本では「お金になるかどうか」がすごく大切な軸ですよね。芸術はあまり必要ないと思われがちです。でも、そうじゃないよ、という話をします。

この記事は有料記事です。

残り1751文字(全文1998文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集