特集

関西 新型コロナくらし情報

関西の新型コロナに関する情報をお伝えします。

特集一覧

新型コロナくらし情報

新型コロナくらし情報 大阪、兵庫、京都の3府県 感染拡大防止へ協力を 飲食店の酒提供、条件付きで

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
緊急事態宣言解除後の大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県の対応 拡大
緊急事態宣言解除後の大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県の対応

 大阪府、兵庫県、京都府では、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が解除されたが、引き続き、飲食店など事業者に対しては営業時間の短縮など感染拡大防止への協力を求めている。期間は兵庫県と京都府が21日まで、大阪府が31日まで。【小柳津早霧】

 10月からの緊急事態宣言解除に伴い、大阪、兵庫、京都の3府県では、飲食店が酒類提供ができるようになったが、条件を付けている。

 大阪府は、府の第三者認証「ゴールドステッカー」を取得している飲食店などに限り、酒類提供は午後8時半まで、営業は午後9時まで認める。認証店以外は、酒類提供は認めず、営業は午後8時までとする。いずれも1グループ最大4人とする。

 兵庫県は、認証店では酒類提供を午後8時半まで認める。認証店以外は原則、提供自粛を求めるが、アクリル板設置など一定の条件を満たした場合に限り、午後7時半までの提供を認める。

 京都府は、京都市など16市町村の認証店では酒類提供を午後8時半まで、認証店以外は午後7時半まで、それぞれ認める。

 大型商業施設に対する営業時間の短縮要請は、大阪府全域、兵庫県全域、京都府の16市町村で、午後9時まで。

 3府県と同様に緊急事態宣言が解除された滋賀県は、飲食店や大型商業施設に対する要請はしていないが、県民に対し「会食は認証店で」と呼び掛けている。

 イベントについては4府県とも、人数上限は5000人または収容定員の50%以内(1万人以下)の大きい方とし、最大1万人まで認めた。大声などが伴わない場合は定員100%の収容を可能とした。4府県とも全域が対象。期間は兵庫県が30日まで、他の3府県は31日まで。

営業時間の短縮 事業者に協力金 大阪など4府県

 大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県の4府県は、新型コロナウイルス感染拡大に伴い営業時間の短縮などに協力した飲食店など事業者に対して協力金を支給する。詳細については各府県のホームページで説明している。問い合わせの窓口は次の通り。

 【大阪府】

 営業時間短縮協力金コールセンター06・7178・1342(平日、土曜午前9時~午後6時)、大規模施設等協力金コールセンター06・7178・1396(平日午前9時~午後6時)

 【兵庫県】

 休業・時短協力金コールセンター078・361・2501(平日午前9時~午後5時)

 【京都府】

 協力金コールセンター075・365・7780、大規模施設等協力金コールセンター075・252・1330(いずれも日曜、祝日を除く午前9時半~午後5時半)

 【滋賀県】

 時短協力金コールセンター0570・666・323(平日午前9時~午後5時)

あわせて読みたい

ニュース特集