体操 世界選手権 村上、拍手を味方に 女子床で暫定1位

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
暫定1位となった村上の床運動=平川義之撮影
暫定1位となった村上の床運動=平川義之撮影

 体操の世界選手権は18日、北九州市立総合体育館で開幕して女子予選7班までを終了し、日本勢は種目別の床運動で東京オリンピック銅メダルの村上茉愛(日体ク)が14・166点で暫定1位、平岩優奈(イーグル)が13・400点で4位となった。

 平均台で芦川うらら(静岡新聞SBS)が13・533点で4位、村上が13・400点で7位。個人総合で畠田瞳(セントラルスポーツ)…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

あわせて読みたい

ニュース特集