枝野氏 ミサイル発射時に首相と官房長官不在で批判「危機意識欠如」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立憲民主党の枝野幸男代表
立憲民主党の枝野幸男代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は19日、東京都内での街頭演説で、北朝鮮のミサイル発射時に岸田文雄首相と松野博一官房長官が東京を離れていたことを「危機意識の欠如だ」と強く批判した。

 枝野氏は「岸田首相は(衆院選の)東北遊説に、官房長官は選挙区の千葉にいた。ミサイルが飛んだ時、危機管理を担う2人とも東京にい…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

あわせて読みたい

注目の特集