特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選公示 異例の短期決戦 自公連立、分配、コロナ対策など争点

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選が公示され党首の街頭演説に集まった人たち=東京都新宿区で2021年10月19日午前10時13分、本社ヘリから尾籠章裕撮影(画像の一部を加工しています)
衆院選が公示され党首の街頭演説に集まった人たち=東京都新宿区で2021年10月19日午前10時13分、本社ヘリから尾籠章裕撮影(画像の一部を加工しています)

 第49回衆院選が19日、公示された。第2次安倍政権以降、8年10カ月にわたる自民、公明両党の連立政権の評価や、日本社会の格差拡大を是正する「分配」政策、転機を迎えた新型コロナウイルス対策と経済回復などが争点となる。4日に発足したばかりの岸田政権に対し、立憲民主などの野党は共闘態勢で政権交代を訴え、31日の投開票まで12日間の本格論戦がスタートした。

 衆院選は選挙区289、比例代表176の計465議席を争う。投開票日は岸田首相就任から27日後、14日の衆院解散から17日後となり、いずれも戦後最短。衆院議員任期(10月21日)を越えての選挙戦も戦後初だ。9月の自民党総裁選で勝利し、安倍晋三、菅義偉両政権に続いて第100代首相に就いた岸田文雄首相は、自公両党で過半数(233議席)を勝敗ラインとしている。

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1207文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集