特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

衆院選 過去最少1051人立候補 小選挙区857人、比例194人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選が公示され党首の街頭演説に集まった人たち=東京都新宿区で2021年10月19日午前10時13分、本社ヘリから尾籠章裕撮影(画像の一部を加工しています)
衆院選が公示され党首の街頭演説に集まった人たち=東京都新宿区で2021年10月19日午前10時13分、本社ヘリから尾籠章裕撮影(画像の一部を加工しています)

 衆院選の立候補届け出は19日午後5時に締め切られた。立候補者数は小選挙区857人、比例代表194人(重複立候補者を除く)の計1051人で確定した。2005年の1131人を下回り、現行制度下では過去最少となった。

 自民党は小選挙区と比例代表単独を合わせて336人を擁立した。立憲民主党は衆院定数(46…

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文319文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集