明石市長「運営業者替えてやる」 兵庫県が抗議、本人は発言否定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
明石市長への抗議について説明する県職員=神戸市中央区の県庁で2021年10月19日午後2時6分、中田敦子撮影
明石市長への抗議について説明する県職員=神戸市中央区の県庁で2021年10月19日午後2時6分、中田敦子撮影

 兵庫県は19日、明石市であったイベントで、泉房穂市長が運営業者に「業者を替えてやる」と言って脅し、司会者にも高圧的な態度を取ったとして、市に抗議したことを明らかにした。泉市長は毎日新聞などの取材に業者への発言を否定し、「課題となることを普通に話しただけ」と反論している。

 17日に同市であった「全国豊かな海づくり大会兵庫大会」のプレイベントで、県や漁業団体でつくる実行委員会などが主催。斎藤元彦知事が実行委の会長、泉市長が副会長を務めている。稚魚の放流や漁船約100隻の海上パレードなどがあり、約300人が参加した。

 大会事務局の県は18日、経緯をまとめた文書を作成。市に持参して抗議したという。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文741文字)

あわせて読みたい

注目の特集