特集

河井夫妻選挙違反事件

自民党に所属していた河井克行前法相と妻の案里元参院議員が、19年参院選を巡る公選法違反容疑で逮捕されました。

特集一覧

河井克行元議員、懲役3年の実刑判決確定へ 控訴取り下げの意向

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
河井克行元法相
河井克行元法相

 2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で、公職選挙法違反に問われて1審で実刑判決を受けた元法相で元衆院議員の河井克行被告(58)が、控訴を取り下げる意向を示していることが関係者への取材で判明した。懲役3年、追徴金130万円とした東京地裁判決(21年6月)が確定する見通し。

 閣僚経験者の実刑判決が確定すれば、受託収賄罪などに問われ、10年9月に最高裁で懲役2年、追徴金1100万円の判決が確定した鈴木宗男参院議員(73)以来になるとみられる。

 判決によると、克行元議員は19年3~8月、妻の案里元参院議員(48)=1審で有罪確定=を当選させる目的で、票のとりまとめなどを依頼する趣旨で地方議員や首長ら100人に総額約2870万円を配った。

この記事は有料記事です。

残り445文字(全文770文字)

【河井夫妻選挙違反事件】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集