ヤフコメ 中傷投稿集中の記事はコメント欄非表示 AI新機能導入

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ヤフージャパンのロゴマーク=道永竜命撮影
ヤフージャパンのロゴマーク=道永竜命撮影

 国内最大級のポータルサイト「ヤフージャパン」は19日、同日公示された衆院選(31日投開票)に合わせ、同社のニュース配信サービス「ヤフーニュース」で、読者が自由に感想などを書き込めるコメント欄(ヤフコメ)について、一定数の中傷や差別に当たる投稿があれば、コメント欄を人工知能(AI)が自動で非表示にする新機能を導入したと発表した。

 ヤフコメを巡っては、以前から「差別やデマ、中傷の温床になっている」との批判があり、同社の専門チームやAIが「違反」と認めた投稿を削除し、違反コメントを複数回投稿したユーザーについては「投稿停止」などの措置をとってきたが、不十分との指摘があった。

この記事は有料記事です。

残り184文字(全文472文字)

あわせて読みたい

注目の特集