特集

秋田|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「秋田|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

2021衆院選

公示 自民VS野党、審判は 12日間の舌戦開始 3選挙区に6人立候補 /秋田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
候補者の訴えを聞く支援者ら=秋田県大仙市で2021年10月19日、野呂賢治撮影
候補者の訴えを聞く支援者ら=秋田県大仙市で2021年10月19日、野呂賢治撮影

 衆院選が19日に公示され、県内3小選挙区には与野党候補がそれぞれ1人ずつ立候補し、一騎打ちの構図が決まった。衆院解散から投開票日までわずか17日の短期決戦、衆院議員の任期満了の21日を超えての日程、岸田文雄新内閣の発足直後など、異例続きの選挙戦。新型コロナウイルス対策などが争点になる中、各候補者が自身の政治信条や政策などを有権者に向けて訴えた。期日前投票は20日から始まり、投開票日は31日。【高野裕士】

この記事は有料記事です。

残り2614文字(全文2818文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集