特集

福岡|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「福岡|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

2021衆院選

公示 11選挙区、35人立候補 コロナ、経済、外交・安全保障政策 12日間の論戦火ぶた /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院選が公示され、候補者の集会で気勢を上げる支持者ら=福岡市で2021年10月19日午前10時47分、津村豊和撮影
衆院選が公示され、候補者の集会で気勢を上げる支持者ら=福岡市で2021年10月19日午前10時47分、津村豊和撮影

 衆院選は19日公示され、県内の11選挙区に前回より2人多い計35人が立候補を届け出て、12日間の選挙戦が始まった。各党、候補者は新型コロナウイルス対策や格差是正を含む経済対策、外交・安全保障政策などを巡り、論戦を展開する見通し。投開票は31日。18日現在の選挙人名簿登録者数は424万1570人(男198万5502人、女225万6068人)。

この記事は有料記事です。

残り4379文字(全文4551文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集