特集

熊本|第49回衆院選

毎日新聞デジタルの「熊本|第49回衆院選」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

2021衆院選

公示 3県11選挙区29人、第一声 /熊本

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
立候補者の第一声を聞く有権者たち=熊本市南区で
立候補者の第一声を聞く有権者たち=熊本市南区で

 衆院選は19日公示され、熊本県では4選挙区に10人、宮崎県は3選挙区に9人、鹿児島県は4選挙区に10人が立候補を届け出た。投開票は31日。前回は自民が4議席を独占した熊本県では、2020年7月の九州豪雨の復興政策などで論戦を繰り広げる。宮崎県も前回は3議席を自民が独占。新型コロナウイルスの感染が収まりきらない中での観光や農林水産業の振興などが争点になりそうだ。鹿児島県は前回、自民が3議席、立憲が1議席を獲得。新型コロナで打撃を受けた地域経済の再生などで候補者が政策を訴える。

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1765文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集