特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

首相退陣につながった神奈川の変化 コロナ減や野党連携不完全

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
候補者の演説を聞く有権者ら=横浜市港南区で2021年10月19日午後1時16分、樋口淳也撮影
候補者の演説を聞く有権者ら=横浜市港南区で2021年10月19日午後1時16分、樋口淳也撮影

 今回の衆院選は、前回(2017年)の審判から4年を経て改めて自公政権の評価が問われることになる。神奈川県内では、8月の横浜市長選で国政与野党が激しくぶつかり、野党系候補が勝利。与党系候補は政権批判を受ける形で敗れ、首相交代へとつながった。県内のほとんどの選挙区で与野党対決となった衆院選で、県民はどのような判断を下すのか。

 「みなさん、昨日の神奈川県内の新規感染者の数、ご存じですか」。横浜市内の駅前で第一声を上げた自民前職の候補者はこの日、演説の冒頭で有権者にこう問いかけた。18日の感染者数は23人。新型コロナウイルスワクチンの接種を強力に推進してきた自公政権の成果だと誇った。

この記事は有料記事です。

残り1062文字(全文1354文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集