特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

宮城5区 安住淳氏「1強終わりに」 森下千里氏「地域発展を」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(右)宮城県松島町で有権者とグータッチする立憲前職の安住淳氏、(左)東松島市で街頭演説し、有権者に応える自民新人の森下千里氏=いずれも2021年10月19日、百武信幸撮影
(右)宮城県松島町で有権者とグータッチする立憲前職の安住淳氏、(左)東松島市で街頭演説し、有権者に応える自民新人の森下千里氏=いずれも2021年10月19日、百武信幸撮影

 衆院選は19日公示され、宮城県内の6小選挙区に17人が立候補した。政党別では自民党6人▽立憲民主党4人▽共産党2人▽日本維新の会2人▽「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」1人。無所属でも2人が出馬した。今回の選挙では、第2次安倍政権以降の自公連立政権への評価や、立憲など野党に政権を委ねるかが問われる。届け出を済ませた候補者は秋風が吹く街頭に立ち、支持を呼びかけた。

 与野党一騎打ちの構図となった5区。地元石巻市出身で当選8回、立憲民主の国会対策委員長を担う安住淳氏(59)と、名古屋市出身ながら元タレントの知名度と与党の看板を背負う自民新人の森下千里氏(40)は、対照的なスタートを切った。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文993文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集