特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

7度目対決、初の一騎打ち 千葉3区、松野官房長官✕立憲・岡島氏

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
候補者の演説を聞く有権者ら(画像の一部を加工しています)=千葉県内で
候補者の演説を聞く有権者ら(画像の一部を加工しています)=千葉県内で

 解散から戦後最短の日程で実施される第49回衆院選が19日公示され、31日の投開票日に向けて舌戦が始まった。今回は千葉県内13選挙区に前職19人、元職4人、新人16人の計39人が立候補。党派別では自民党13人、立憲民主党11人、共産党4人、日本維新の会4人、国民民主党1人、れいわ新選組1人、NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で1人、諸派1人、無所属3人となっている。女性候補者は3人だった。立候補者数39人は小選挙区比例代表並立制が1996年に導入されてから最も少なく、これまでよりも政権選択の色彩が強い選挙戦となった。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文662文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集