特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

維新堅調、追う自民 大阪府内19選挙区の序盤情勢 衆院選

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪城とキタのビル群(奥)=大阪市内で、本社ヘリから加古信志撮影
大阪城とキタのビル群(奥)=大阪市内で、本社ヘリから加古信志撮影

 31日投開票の衆院選で、毎日新聞は19~20日に序盤情勢を探る特別世論調査を実施した。調査データに取材を加味した大阪府内19選挙区の情勢などを紹介する。調査では投票先を決めていない人が多数おり、終盤にかけて情勢は変わる可能性がある。【矢追健介、石川将来、鶴見泰寿、野田樹】

1区

 維新の井上英孝氏がリードし、自民の大西宏幸氏が追う。

 前回は1200票あまりの僅差で敗れた井上氏は、維新支持層の大半を固めた上で、自身や支援府議らがかつて所属していた自民の支持層からも一定の支持を受けている。若い世代からの支持を多く集めている大西氏は、公明支持層に浸透しているが、肝心の自民支持層を固めきれていない。立憲の村上賀厚氏と共産の竹内祥倫氏は、無党派層からの支持拡大のために街頭演説などを展開する。

この記事は有料記事です。

残り4369文字(全文4713文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集