「コーヒーかすは資源」日々の1杯が堆肥や再生紙に 広がる循環

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「mameーecoプロジェクト」を行うゲーリー・ブルームさん(右)と妻順子さん。コーヒーかすの回収はいつも自転車で=京都市上京区で2021年9月29日午後2時、日高七海撮影
「mameーecoプロジェクト」を行うゲーリー・ブルームさん(右)と妻順子さん。コーヒーかすの回収はいつも自転車で=京都市上京区で2021年9月29日午後2時、日高七海撮影

 一杯一杯丁寧にいれるコーヒー。味と香りを楽しんだ後にはコーヒーかすが残る。大手メーカーは肥料や飼料、燃料などに再利用してきたが、市民の間でもリサイクルの動きが広がっている。草の根のSDGs(持続可能な開発目標)への思いとは。【日高七海】

 京都市上京区の自営業、ゲーリー・ブルームさん(55)と妻順子さん(46)の自宅前に置かれた蓋(ふた)付きのケース。近所の人が使い終えたドリップコーヒーのかすを入れていく。

 米国出身のゲーリーさんは大のコーヒー好き。1日5杯は飲む。ある日、家庭ごみ削減を呼び掛ける市のチラシを見かけた。「何かできないか」。自宅で月4キロ出るコーヒーかすに目が留まった。堆肥(たいひ)になると知り、2020年1月、インターネットの掲示板に書き込んで、かすの引き取り先を探したところ、京都府亀岡市で米や野菜などを作る「王子楽遊(らくゆう)農園」の奥村ふみえさん(57)とつながった。

この記事は有料記事です。

残り812文字(全文1212文字)

あわせて読みたい

注目の特集