阿蘇山 さらに大きな噴火の兆候なし 気象庁、噴石に注意呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
阿蘇山の噴火について記者会見で説明する気象庁の尾崎友亮・火山監視課長=東京都港区虎ノ門3で2021年10月20日、池田知広撮影
阿蘇山の噴火について記者会見で説明する気象庁の尾崎友亮・火山監視課長=東京都港区虎ノ門3で2021年10月20日、池田知広撮影

 20日午前11時43分ごろ、熊本県・阿蘇山の中岳第1火口で中規模の噴火が発生した。気象庁によると、高温の火砕流が火口の西約1300メートルの地点まで到達し、南約900メートルまで噴石が飛散したとみられる。気象庁は阿蘇山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げ、火口から約2キロの範囲で火砕流や噴石に警戒するよう呼びかけている。

 気象庁によると、噴煙の高さは上空約3500メートル。阿蘇山の火砕流発生は、上空約1万1000メートルまで噴煙が上がった2016年10月8日の爆発的噴火以来5年ぶり。警戒レベル3への引き上げも同日以来。地下のマグマ上昇など、さらに大きな噴火につながる兆候は見られていないという。

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文708文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集