連載

どうすれば安全安心

地震や医療、社会保障など危険や不安がいっぱいの時代。安全安心のための記事をお届け。

連載一覧

どうすれば安全安心

弱視の検査に新技術 子どもの早期治療に期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小型機器を使った屈折検査の様子=日本眼科医会提供
小型機器を使った屈折検査の様子=日本眼科医会提供

 子どもの視力は生まれてから6歳ぐらいまで発達していく。この間に目に異常があると、物を見極める能力が十分に育たない弱視のままになる恐れがあるが、早期に発見して治療すれば回復が期待できる。近年開発された小型の機器を使う「屈折検査」の活用が自治体による3歳児健診の現場で始まり、弱視の検出率が大幅に向上することが分かってきた。日本眼科医会は検査の導入マニュアルを公開し、さらなる普及を呼び掛けている。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1409文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集