歌舞伎公演「華の舞」 市川右団次、右近親子出演

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「伝統芸能 華の舞」に出演する市川右団次(右)と市川右近=大阪市内で、畑律江撮影
「伝統芸能 華の舞」に出演する市川右団次(右)と市川右近=大阪市内で、畑律江撮影

 歌舞伎の楽しさを幅広い層に伝える公演「伝統芸能 華の舞」が10月末に京都、兵庫で上演される。市川右団次と長男の市川右近が活躍する。

 2020年に始まった企画。同年は右団次・右近による舞踊「連獅子」などが好評を得た。今年も2人がそろい全国16会場を巡演中。

 今年は南北朝時代の武将、楠木正成に焦点を当てる「楠木正成二題」から。能楽の謡と打楽器による独調「楠露(くすのつゆ)」の後、紋付き・袴(はかま)での素踊り「楠公(なんこう)」。足利尊氏との戦いに向かう正成が、息子…

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文587文字)

あわせて読みたい

注目の特集