自衛隊など参加 大規模防災訓練 31日・舞鶴市 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 舞鶴市は20日、震度6強の大地震と津波の襲来を想定した大規模な防災訓練を、31日に実施すると発表した。海上・陸上自衛隊や舞鶴海上保安部、府警本部など20機関の約500人が参加する予定。

 大浦半島にある舞鶴市野原地区では、自動起動ラジオを使った情報伝達訓練をし、海自の護衛艦が孤立した住民を搬送する。…

この記事は有料記事です。

残り53文字(全文203文字)

あわせて読みたい

注目の特集