ビットコイン、浸透せず エルサルバドル法定通貨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ブケレ大統領への抗議デモに参加した人たち=エルサルバドルの首都サンサルバドルで2021年10月17日、AP
ブケレ大統領への抗議デモに参加した人たち=エルサルバドルの首都サンサルバドルで2021年10月17日、AP

ATM破壊、個人情報被害頻発 「300万人利用」大統領は強気

 中米の小国エルサルバドルが仮想通貨(暗号資産)の代表格ビットコインを世界で初めて法定通貨として採用して1カ月半を迎える。起業家出身の若き大統領が貧困層を支援する狙いも込めて、国際機関の専門家の忠告を振り切って始めた壮大な「社会実験」だが、現地はどうなっているのか。

 「ビットコインにノーだ」。首都サンサルバドルでは17日、ブケレ大統領(40)への抗議デモが開かれた。現地メディアによると、参加者は約4000人。同規模のデモはビットコインの採用を始めて間もない9月15日にも発生しており、参加者がビットコインに対応した現金自動受払機(ATM)を破壊する場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1583文字)

あわせて読みたい

ニュース特集