特集

第49回衆院選

岸田文雄首相が衆院選を10月19日公示、31日投開票で実施すると表明。短期決戦の選挙戦となります。

特集一覧

自民と立憲トップが名古屋入り 駅前で声張り上げ、支持訴える

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国民の声を書き留めたという「岸田ノート」を手に街頭演説する岸田文雄首相=名古屋市中村区で2021年10月21日午後1時42分、兵藤公治撮影
国民の声を書き留めたという「岸田ノート」を手に街頭演説する岸田文雄首相=名古屋市中村区で2021年10月21日午後1時42分、兵藤公治撮影

 衆院選は選挙戦序盤の21日、与野党トップが東海地方に入り、候補者とともに街頭で支持を訴えた。

 岸田文雄首相(自民党総裁)は就任後初遊説で、午後の名古屋駅前には大勢の聴衆が集まった。新型コロナウイルス対策や「成長と分配」の経済政策推進を主張。国民の声を書き取ってきたという「岸田ノート」を掲げ、「皆さん…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文378文字)

【第49回衆院選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集